銀漢俳句会誌2019年9月号 伊藤伊那男 (sakura.ne.jp)


更新すると6秒後に再度スライドします。全8枚主宰の八句
主宰の8 句 2021年5月号  2021/4/25更新 

 ご挨拶  入会案内 見本誌請求
誌請求
 句会案内  銀漢亭日録   行事予定のご案内(2019)   日録PDF   haishi etc  

HAIKU-SLIDESHOW 

 2017年 1月号  2月号   3月号 4月号   5月号  6月号  7月号  8月号  9月号  10月号   11月号  12月号
 2018年  1月号  2月号 3月号  4 月号   5月号  6月号   7月号 8月号  9月号  10月号    11月号 12月号 
 2019年 1月号  2月号  3月号  4月号  5月号  6月号   7月号 8月号   9月号 10 月号   11月号  12月号
 2020年  1月号  2月号  3月号  4月号  5月号 6月号  7月号   8月号 9月号  10月号  11月号  12月号 
 2021年  1月号  2月号  3月号 4月号 5月号              
   
  
▲5月号UPしました。2021/4/25 new  ▲今月の写真へ2021/5/7new

最新号(2021年5月号)new

     

   リンクします。     伊藤伊那男・第3句集 8『然々と』2018/7/25。


1 4 0 5 4 5
 




























銀蘭
linkします





































2021年5月8日
お早うございます。AM6時、16℃。
晴れ。八王子発

季節は「立夏」へ・・・24節季
爽やかな初夏の海辺で、家族みんなで潮干狩り。梅雨を過ぎなければ本格的な夏とはいかないですが、野山には新緑が目立ち、街中を吹く風には夏の気配が感じられてきます。

かわずはじめてなく/鼃始鳴/ 
第19候 5月5日~5月9日頃
蛙が鳴き始める時期

「かわず」はもともと、川に棲む蛙を「河之蝦(=川の蛙)」といって、田んぼの蛙と区別したものだと言われています。次第に略されてて「かわず」となり、一般の蛙の異名として使われるようになりました。
日本の季語から

銀漢 季語別俳句集シリーズスタート 毎日更新
△余花
山地図の折り目を伝ふ余花一片  伊藤庄平


画像上でリンクします。
5月号UP致しました。(2021/4/25)
△今月の花歳時記。2021/5/7new

5月7日までのアクセス数は296でした。有り難うございます。

今日の季語
余花

若葉の中にそっと咲く余花は慎ましやかで趣があり、山間の若葉との取り合わせも爽やかです。
季語の花から。毎日更新。2021/5/8

←linkします。new
銀漢 季語別俳句集発売されました。2021/3/24

linkします。new
スマホで検索/俳句てふてふ・音声でもOK。
スマホにダウンロード出来ます。2021//24

←linkします。
△令和3年新年のご挨拶   2021/01/24
伊藤伊那男主宰より、銀漢10周年を迎えた年の初めのメッセージをおとどけします。あわせて、武田禪次編集長より銀漢俳句会『季語別俳句集』発刊のお知らせです

リンクします。
銀漢全国夏の俳句大会 ←リンクします2020/8/26更新

←linkします。new
HAIKU SLIDESHOW  2021/4/25更新

←linkします。
『然々と』自選15句-1 伊藤伊那男

             2021/5/8 管理人・八王子/ 更新   



 
 刊行物のご案内 今日の花歳時記   俳誌/etc  句会案内 見本誌請求  アクセス解析  SLIDESHOW 
         
銀漢チャンネル
2020/8/2 
銀漢チャンネル 
2021/1/24
         


おすすめリンク


△アクセス135,000の記録は2021/1/4でした。

アクセス解析データーこちらです

 
〒 101-0061 東京都千代田区神田三崎町2-2-12 エコービル204号室
電話 03-6272-4524   FAX 03-6272-4524


ginkan_haiku@ybb.ne.jp

bukenkoku@jcom.home.ne.jp(編集関係)